TSBC 富山総合ビルセンター株式会社
サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ
TSBC 富山総合ビルセンター株式会社
業務案内 環境への取組み 会社概要 求人 HOME
 富山県へ寄附 2021年(令和3年)3月30日(火)
ふるさと納税
企業版ふるさと納税として
富山県へ寄附をさせていただきました

本日、贈呈式が県庁で行われ
目録を知事にお渡ししました

富山県のSDGs推進事業に活用し、
ワクワクするとやまの未来に繋げていただければ
と思っております

 医療用マスク寄贈 2021年(令和3年)3月10日(水)ほか
医療用マスク寄贈

当社が携わっている病院さんへ
コロナ禍の医療従事者の
みなさまへの支援として
医療用マスクを寄贈しています。

わずかばかりですが、少しでも力になれたらと思います。

・射水市民病院
・富山西総合病院
・真生会富山病院
・政岡内科病院
・藤木病院
・前川歯科クリニック
    (順不同、敬称略)
 第40回 アビリンピック   2020年(令和2年)11月14日(土)
全国大会アビリンピック出場

当社社員「北野 颯人」さんが
愛知県名古屋市で行われた全国障害者技能競技大会に
ビルクリーニング部門の富山県代表として出場しました。

仕事の合間に練習に励み、全力で挑みましたが、
ハイレベルな戦いで、入賞には至りませんでした。
しかし、全国の舞台で堂々と演技(作業)した姿は
頼もしかったです。
 
 
 
 アビリンピック金賞!!   2020年(令和2年)7月11日(土)
とやまアビリンピック2020

県障害者技能競技大会「とやまアビリンピック2020」
にて今年、新入社員として入社した社員
「北野 颯人」さんがビルクリーニング部門で
見事、金賞を受賞しました。

11月に愛知県で開催される全国大会に、出場予定。
今後、全国大会に向けて、仕事の合間に練習に励み、
全国大会でも実力を発揮できたらと思っています。
        ガンバレ!(^^)!
 
 


 社内臨時学童実施 2020年(令和2年)3月11日(水)
社内で臨時学童実施!!

突然、政府より発表された
コロナウィルス感染拡大を防ぐ自粛要請に伴い
県内の小中学校もなんの前触れもなく
休校となりました。

社内にも小学生の子供を持つ親が働いており、
会議のない日に会議室を臨時学童として
開放する試みを1日だけですが、
実施いたしました。
子供たちは初めての環境と人見知りでで戸惑いつつも、宿題やゲームをして過ごし、最後には結構くつろいで
いました。

お昼は、新聞社の食堂で親と一緒に
仲良くランチタイムを過ごしました。
社長からケーキの差し入れもあり、楽しい時間に
なったようです。
 北日本新聞掲載 2019年(令和元年)11月28日
木曜日の北日本新聞朝刊に掲載

「かがやき☆シニア」
生涯現役!私たちの働き方・・・

特集記事に当社のスタッフが掲載されました。記事のとおり第二の人生としてバリバリ働いてくださっている従業員のみなさんがいて会社が成り立っているといっても過言ではありません。
みなさんの意見を取り入れながら、長く続けていただける働き方を提供できたらと考えています。
 14歳の挑戦 2019

当社では毎年7月に富山大学人間発達科学部附属中学校より
「14歳の挑戦」の受け入れを行っています。
  • 今年も昨年に引き続き2名の男子中学生が3日間、
    職場体験学習に取り組みました。
3日間の体験後、
感想文を書いてもらっています。



今まで携わることのなかった仕事を通し、
こんな世界もあるんだと感じてもらったり、
視野が広がり、違った角度から物を見たり
することにつながれば、と陰ながら思います。
「今までは、裏方の仕事について深く考えることがありませんでしたが、今回の日常清掃や定期清掃を体験し、改めて裏方の方々の大変さや楽しさ、達成感を学ぶことができました。」

「裏方の方々に感謝しつつ、校内清掃や家庭清掃の意識向上に努めていきたいです。」 
「体験の初めの頃は、めんどくさい・疲れるなど負の感情でしたが、最後は楽しかった・またやりたいと前向きになり、達成感を味わい、とても満足しています。」
「その人の立場になってとらえる力の大切さをよりわかったと思います。」

染み抜き体験中
  
お掃除教室「富山市立中央小学校」
   2018.10.12(金)
北日本新聞にお掃除教室の
記事が掲載されました。

       
 




14歳の挑戦 2018
 当社では毎年7月に富山大学
人間発達科学部附属中学校より
「14歳の挑戦」の受け入れを行っています。
  • 今年は2名の男子中学生が3日間、
    職場体験学習に取り組みました。

3日間の体験を通して
感じたこと・・・・・


(感想文より抜粋しました)

   清掃会社の方は、使う人の気持ちを一番に考えて
仕事をしていて、とても輝いていました。
「当たり前」にホテルがきれいなこと、トイレが臭わないことも裏の仕事があるからこそだと思いました。
 普段、気に留めていなかった裏方の仕事に対し、
実はとても大切な仕事だとわかりました。
そして世の中の「当たり前」と思っていることは、
裏方の仕事をしている人がいないと
実現しいないのだとわかりました。
 
 ビルメンテナンス業は基本的に裏方の仕事です。
今まで携わったことがない環境、現場、仕事を見て、体験して、
少しでも何か感じていただけたらうれしいなと思います。

北日本新聞掲載



ポートラム新聞掲載記事


元気交流ステーション



                                                  
「立山町元気交流ステーション」がオープンしました。

この施設は、保健センター・社会福祉協議会・健康福祉課の一部など保健福祉の総合的な機能や図書館、町民交流センターなど暮らしに役立つ公共施設と富山地方鉄道立山線五百石駅が一体となった複合施設です。
                
 当社はこの施設の清掃管理業務を任されることになりました。
延床面積約6000uのとても大きな施設で、多目的に使用される施設であるため利用者も多くなります。
オープンしたてのこの美しさを維持していけるようにしっかりと日々の業務を務めていきます。

                          
   
 
        
 



地場もん屋 総本店 OPEN


   「地場もん屋総本店」が富山市の総曲輪通りのウィズビル1階にオープンしました。

「地場もん屋総本店」は,総曲輪ウィズビルの再開発の目玉事業として、市内全域のとれたて野菜や地元の特産品などの地場産物を集め販売する拠点施設として整備されました。当社は、管理者の株式会社まちづくりとやま様より依頼をうけ、ファサード改装工事に参加し、また日常の設備管理・清掃業務をまかされています。

22日のプレオープンには大勢の買い物客がつめかけ、長蛇の列ができるほどの賑わいとなりました。 

  地場もん屋ってどんなお店?
「安全・安心・新鮮・おいしい」食材を提供するお店のことです。市では、地場産物を提供している小売店などを「地場もん屋」加盟店として登録し、生産者、販売者が一体となって、安心・安全で良質な食材などを市民の皆さんにお届けできる仕組みをつくっています。地産地消を促すため、この「地場もん屋」で扱うものは、市内で生産された食材、またはそれを原材料としている加工食品などです。加盟店は、「地場もん屋」ののぼりを掲げており、現在、小売店など約170店が加盟しています。
総曲輪ウィズビルの総本店は、この取組の拠点施設として整備されました。  (地場もん屋パンフレットより抜粋)

     
     
 
◆ お問合せ先 ◆
富山総合ビルセンター株式会社
〒930-0094 富山市安住町2番14号 北日本スクエアビル4F
TEL 076-433-3200/FAX 076-433-3071